5月24日にアウラサロンで「アントニオ・デ・トーレスの調べ」コンサートで演奏させていただきました。
使用した楽器は2本で1本はアントニオ・デ・トーレス(1867年製)、もう1本は尾野薫氏のトーレスモデル(2009年製)でした。
それぞれの楽器を弾いた印象を回想してみたいと思います。
レポートはこちら