スペイン在住のギタリスト高木真介氏が、名工ロマニリョスの企画したコンサートを開催しました。

去る10月28日にロマニリョスが生まれ故郷であり、現在も居を構えているスペインのシグエンサでコンサートを開催しました。

高木真介

その報告と共に彼から次の様なメッセージが届きました。

『その折、ロマニリョス氏から最近完成したという結婚50周年記念のギターを見せてもらいました。
“LA MEDIO SIGLO” という名がついていました。
全く塗装がされておらず、「自分のための楽器だし、この方が音が気に入ってるのでたぶんこのまま塗装はしないと思う」
と言っていました。
弦高がちょっと高すぎて、張りもきついのでちょっと弾きづらいけれど、とてもかっちりした楽器で、音もよくしまっていました。』

ロマニリョス邸にて

尚、高木真介氏は年末に一時帰国、郷里の湯河原にてコンサートを開催します。

湯河原コンサート